TOP > オンデマンド印刷と印刷部数について

オンデマンド印刷と印刷部数について

一般的にオンデマンド印刷は小ロット印刷に向いている方法だと言われています。その理由は、オンデマンド印刷ではオフセット印刷などで必要になる刷版が要らなくなるため、製版工程を飛ばすことが出来るため、小ロット数の印刷の場合は時間の節約とコストの節約を図る事が出来るからです。



例えば、50部だけチラシ広告を作りたいと言った場合、製版工程を行う事で費用が発生する事になり、この費用は印刷部数に応じて上乗せされるので、1部当たりの単価が割高になってしまいます。



仮に、製版工程で3万円と言う費用が必要になった場合、50部では3万円÷50部=600円となり、1部あたり600円の製版工程にかかる費用上乗せされる事になります。

しかし、1万部の印刷の場合では、3万円÷1万部=3円となり、1部あたりの上乗せ金額は僅か3円で済む事になるわけです。



オフセット印刷での印刷工数は印刷部数が多くなるほど少なくなるため、印刷部数が多い場合には有利ですが、50部や100部と言った小ロット印刷の場合は1部当たりの単価が膨大な金額になるため、オンデマンド印刷を利用する事で印刷費用を節約することが出来ると言う事になります。

尚、印刷在庫を作りたくない、必要な部数だけその都度印刷をしたいと言う時にオンデマンド印刷は威力を発揮してくれるのが特徴で、部数が1万部や10万部となった場合にはオフセット印刷を利用した方がコストは安くなると言った特徴も在ります。